夜の海に立ち…

思いついた事をとりあえず書いてみる。

サクラクエスト 間観光作報「会議の時間」アンケート勝者まとめ(第1回〜6回)

4月から見ているアニメ「サクラクエスト」のメインキャスト5人で送るニコ生「間野山観光協会作戦報告会議(以下、間観光作報)」が面白い。

 

回数も増えてきたし、コーナーの一つ「会議の時間」の議題とアンケートの勝者を備忘録としてなんとなくまとめてみる。まとめと言いつつ、だらだら適当に書いているし結構長い。

 

〜登場人物〜
七瀬彩夏(あやサマー)

上田麗奈(うえしゃま)

安済知佳(ちかペ)

田中ちえ美(ちぇみー)

小松未可子(みかこし)

※カッコ内は番組内での呼び名

 

こうやってメインキャスト5人を見ると隔週でニコ生をやるだけあって、演技以外にビジュアルやトークの面でもいい感じの面子を製作陣が上手く揃えてきたのがわかる。

 

  • 製作発表ニコ生
    議題①:サクラクエストの見所
    結果:チュパカブラ…!?とサクセスストーリー

    最初はホワイトボードにキーワードを書いていき、5人で結論を出していた。
    キャストもまだ殆どストーリーを知らないらしく、キービジュアルと軽い前知識から捻り出している。まだ後々の回と比較すると気になるワードの消化にいっぱいいっぱいで、そこまでお笑いを狙ってない。

    議題②:お互いのことを何て呼び合っていくのか?
    結果:上記の登場人物一覧の通り

    新規で呼び名をつけられたのはあやサマーとちぇみーの2名。制限時間も短く、気になるワードの消化もあるので真面目にサクッと決めている。
    ちぇみーは友達から田中と苗字で呼ばれていると話していたが、この番組でも後々田中で呼ばれる日が来ることをこの時はまだ知らない。

    議題③:サクラクエストを盛り上げるために私達がやること
    結果:特産品を作る

    気になるワードの流れから食べ物のメニューを作る、キービジュアルから王冠を作るという話になり、作品のテーマである町おこしも合わせて特産品を作るという結果に。
    実際に食べ物のメニューはコラボメニューとして「よろこぶそうめん」など、王冠は王笏と合わせて作られた。


  • 第1回
    議題①:私の故郷のいいところ
    勝者:小松未可子ナガシマスパーランド

    この回から回答は各自のスケッチブックに書いていくが、まだホワイトボードも使っていた。アンケートを取るのもこの回から。

    みかこしがナガシマスパーランドの絶叫系乗り物の説明に合わせて、本人じゃないのに引いてしまった気になるワード「右か、左か、上田」をクリアしたのが視聴者から評価された模様。

    議題②:AnimeJapan2017で私達は○○をします!
    勝者:上田麗奈チュパカブラになりたい)

    みんなでチュパカブラの格好をしてステージに立つビジュアルのインパクトが面白そうと思われてアンケートを勝利する。

    うえしゃまが「全身タイツでもいいです、この際」と言ったのをスタッフが覚えていたのか、実際に作られたチュパカブラくんは全身タイツで頭に被り物をするアニメ本編と同様の手の込んだものが作られた。ただし、キャスト達が着るものではなくなってしまった。

  • 第2回
    議題①:AnimeJapan2017でやっぱり私達は○○をします!
    勝者:田中ちえ美(目隠し!食レポ!!)

    前回のアンケートで決まったチュパカブラの変身セットの制作がAnimeJapan2017の本番に間に合わないため、改めてスタッフが考えた案を各キャストがプレゼンして何をするか決めることに。

    今回プレゼンされた5つの案はスタッフが考えただけあって比較的普通な内容。
    キャストの5人にはうえしゃまがプレゼンした二人羽織で福笑いが割と好評だったものの、視聴者的には食レポを見たいと思った人が多かったようで、アンケートは目隠し食レポがトップになる。幸腹グラフィティのニコ生を覚えている視聴者が多い?

    みかこしのピンポン玉スプーンリレーのプレゼンは明らかにやりたくない素振りを見せ、前にやったことがあると言っていたのも踏まえると、その時に何か苦い思い出でもあったのか…?

    議題②:サクラクエストの略称を決めよう
    勝者:七瀬彩夏(クラクエ)

    ここまで作品名の略称が決められていなかったため、この「会議の時間」で略称を決めることになった。

    気になるワードを消化するために突如一発芸を始めるあやサマー。ここから彼女のチャレンジングな一面が見られるようになる。何かのインタビューでもここから変わったというような話をしていたと思う。

    一発芸の可愛さと略称として妥当そうな感じが相まって、アンケートで僅差のトップ(2位はうえしゃまの「桜戦」)になり、公式の略称は「クラクエ」に決定する。

  • 第3回
    議題:サクラクエストの魅力をあいうえお作文で伝える
    勝者:安済知佳(長いので下に)

    お題が7文字と長めで「ク」を2回使うなど難易度が高かったからか、みんな謎の擬音や謎キャラでの語りや唐突な横文字を炸裂する。しかし、オチと思われていたちかペが各キャラを紹介しつつ上手く最後をまとめるまさかの(失礼)クオリティの高さを発揮する。

    尺が余ったため気になるワードは2度回すことになり、前回に引き続きあやサマーが一発芸を行い、それに乗じて一発芸をしたちかペにちぇみーが「やべぇ」と心の声をポロリするなど、新人2人の方向性が見えてきた。

    全員がクタクタになった末に行われたアンケートはちかペが圧勝し、冒頭で「あいうえ王になる!」と集英社に怒られそうな宣言をした通りの結果になった。


    ちかペの優勝作品は下記の通り。
    サ:桜が咲かない主人公由乃
    ク:クラクラするほど嫁力があるしおり
    ラ:ライトを浴びれば女優まき!
    ク:クオリティに拘るりりこ!
    エ:エロいい女さなえ!
    ス:隅々まで見逃せないクラクエ!
    ト:とくとご覧あれ!!

  • 第4回
    議題:チュパカブラ饅頭1000箱を売る方法を考える
    勝者:安済知佳(みかこし 写真&サインつき!)

    アニメ本編で会長が由乃に課したチュパカブラ饅頭を1000箱売るミッションにちなんで、キャスト5人なら饅頭を売るためにどんなアイディアを出すのか。

    テーマソングを作る(ちぇみー)、試食コーナー(あやサマー)など現実的な案もあったが、終始みかこしの饅頭?を推しちかペの勢いと視聴者のみかこし人気の後押しにより、ちかペの案がトップになった。

    2連勝であいうえ王に続いて饅頭の王を戴冠する。

  • 第5回
    議題:自分をぬるキャラにしてみたらどうなるのか?
    勝者:七瀬彩夏(あやゴン)

    アニメ本編のチュパカブラくんが出場したぬるキャラ選手権に倣って、キャスト本人をぬるキャラにしたイラストを披露。

    子供向けアニメの怪獣風ぬるキャラ「あやゴン」が可愛いと大好評。告知コーナーでは絵に合わせてあやサマー本人によるCVがついたり、後でTシャツが作られたり、他のキャストが声真似したり広がりを見せる。

    あやゴンに惜しくも敗れたちぇみーのぬるキャラ「田中」(これが正式名称?)は後の「会議の時間」でも描かれたり、みかこしとちかペにうなぎを「靴下だろ!」と弄られたり、意外と出番が多い。

  • 第6回
    議題:私たち5人の映画があったら?
    勝者:安済知佳(エージェント・5 〜私達のスーツはわたさない〜)

    アニメ本編の間野山で映画のロケを行う話から、自分たち5人が映画に出るならどんな映画をやってみたいか考える。

    孤独のアンジェリカ(うえしゃま)やショムゴ(みかこし)などパロディもあるなか、ちかペのアメコミチックな最強のスーツで戦うストーリーに、お色気シーンも匂わせるプレゼンがウケてアンケートのトップに。

やっぱり長いので続きは改めて。